「天才論」著者のN.H氏から譲り受け、私(HP)が代理で執筆する事に

映画「ATARU」をきっかけに真の天才というものが認知される事を願うばかり。

SMAP中居正広演じる主人公のATARUはサヴァン症候群だという。

サヴァン症候群は知的障害又は重度の精神障害を持つが、異常とでも言えるある特殊な能力(特に記憶力)を持つ障害の事を言う。
サヴァン症候群の者は記憶力に長けており、見聞きしたものは忘れない。目から入ったあらゆる刺激やにおいなども忘れないのだろうか。
視覚的な記憶力、聴覚的な記憶力、嗅覚的な記憶力、味覚的な記憶力、触覚的な記憶力などが人間の上限値。
また、ジョンフォンノイマンのような驚異的な計算能力を持つ者や、数十年先のカレンダーの日付を正確に当てる能力を持つ者も存在するという。

サヴァン症候群は五感の全て或は一部の記憶力が人間の上限値で、これは芸術の才能がある事を意味している事は言わずもがな。ギフテッド或はタレンテッドという括りでは無いと言われているが、五感の甚だしい突出具合は特定の芸術分野では突出した才能を持った者でもあると思う。
今の世はちょっと能力があるぐらいの人間を天才呼ばわりする傾向がある。また、努力で成就した努力型の人間にも天才という言葉が誤用されている。中途半端な才能の持ち主や努力型の人間を天才と呼ぶのは間違ってると思うし、天狗を生む原因にもなると思う。
ここは傲慢人間の製造工場か?とも思ってしまう。そんな世の中、私は御免だし、一刻も早く日本の国民にギフテッド或はタレンテッドの者やサヴァン症候群の者や才能を持った一部のアスペルガーの者の存在と優れた能力を知らしめなければならないと思う。天才という言葉の誤用これは疎ましい事態
ギフテッド関連の事で調べ事していた時に思ったのは、少し才能があるからと言って何の努力もせずに自惚れている人間や、これまでに大して周りに能力も認められていないにも関わらずOEの項目だけ当て嵌まり自分はギフテッドなのだろうか?のように愚問を抱いている人間やらがネット上には多過ぎると思った。真の才能の持ち主ならば少なくとも2つ以上の分野で突出して優れているか、1つの分野とはいえ、とてつもなく優れていなければならないはずだ。
IQ125以下程度の知能で知的に天才と言われる者や絵や音楽が少しできるからといって芸術的な天才と言われる者が多過ぎてならない。
映画「ATARU」は、そんな風潮を打破できると思う。サヴァン症候群という真の天才を知れば、過信や自惚れから来る傲慢さなども消えるだろう。いかに自分が取るに足らない存在か?という事を認識できる。それは、成長の一歩を確認することが出来た事に他ならない。

コメントを残す

関連記事