「天才論」著者のN.H氏から譲り受け、私(HP)が代理で執筆する事に

IQ130前後の友人

勉強でもスポーツでも芸術でも何でも凡人と凄い奴(天才)がいる。

凡人は至って普通の腕前、実力。言わずもがな平均値な訳です。

天才は凡人を圧倒的に凌駕する腕前、実力の持ち主。異常な訳です。

IQで言えば、標準偏差15でIQ85〜115までの数値が凡人ですが、115〜130までは平均以上つまりやや異常であり、130以上は全うに異常な数値です。

知能面での天才の見分け方はIQを見れば大体見分けがつくと言われています。

やはり標準偏差15での130以上のIQを持つ人間は賢いですね。

現実の世界でもそのぐらいの知能を持つ人間と会話したりしましたがやはり、違う。普通ではない。

会話のテンポというか理解力というか普通の人よりもずば抜けている気がします。

 

弁護士や医師になった友人のIQを聞き出してみたところ弁護士の友人のIQが134、医師の友人は128でした。

お二方とも頭脳明晰というワードがピッタリと当てはまるような気がします。

何故なら、理路整然とした話し方をし、記憶力が良い。

弁護士の友人は大学入学時から大学4年生の時の司法試験に合格し、わずか3年そこらの勉強期間で日本で最難関と言われる国家資格に合格したというから驚きです。

医師の友人の方も凄く、記憶力が凄まじく、さほど勉強せずに医師試験に受かったというから驚きです。

こちらは前々から医師を志しており、医師になるべくしてなったという感じですが、弁護士の友人のほうは大学入学時に将来の夢は決めていなかったらしいですが、当時大学で資格を取る生徒が多く、皆、簿記2級や行政書士、ファイナンシャルプランナーという資格を目指している環境の中で一念発起したらしく、どうせ資格取るなら難易度の高い資格を目指したいとのこと。

数日後友人は日本一難しいと言われている弁護士資格の取得を目指したという訳です。

彼の話によるとふつう弁護士資格を取得するなら最低でも5年〜10年のブタ箱は覚悟しなければならないと言っていました。

それをわずか3年の期間で取得するのですからIQ134の実力ってやっぱり凄いな〜と感心した事を覚えています。

コメントを残す

関連記事