「天才論」著者のN.H氏から譲り受け、私(HP)が代理で執筆する事に

成人の上限IQ値(SD15)など

現行IQテストではIQ170が成人の上限値らしいですね。

標準偏差15。スタンフォードビネー式

  • IQ170→超天才(上限値)、完全なギフテッド
  • IQ160台→大天才、飛び抜けたギフテッド
  • IQ150台→天才
  • IQ140台→準天才、高度なギフテッド
  • IQ130台→とても頭良い、中程度ギフテッド
  • IQ120台→頭良い、頭脳明晰
  • IQ110台→平均以上の知能
  • IQ100台→普通
  • IQ90台→やや鈍い
  • IQ80台→鈍い
  • IQ70台→かなり鈍い(IQ70以下は知的障害と判定される。)

IQは20違うと話しが噛み合なくなる。

思考が理解できなくなるといいますね。

IQ100の人がIQ130の人とコミュニケーションしようものならば100の人はとても難しく感じるだろうし、130の人は相手が理解力が無いと感じて苦痛を感じるだろう。

 

標準偏差15ではIQ100の人が合わなくなる数値はIQ120以上で標準偏差16では121以上で標準偏差24ではIQ130以上という数値になる。

IQ100台の人は110台の人のことを「ちょっとだけ頭が良い人」と思い、まだ会話などに違和感を感じるには至らない。

120台の人のことを「頭脳ではこの人には敵わない」と思い、言ってる事がちょっと難しくて会話についていくのが困難だと感じる。

130の人のことを「次元が違う」と感じ、あまりにも話しが難解な為に理解するのは非常に困難。

また、深く広い思考回路を持っているため、何を考えているかが全く読めない。

140の人のことを「違う生き物」のように感じ、完全に目が点の状態で何言ってるんだ?この人と思う。

150の人のことを「人間ではない。脳内にICチップが埋め込まれた人造人間だ」と思い、専門用語を連発するため言っている事が難解すぎて完全に理解不能。

160の人のことを「同じ生き物では無いだろう」と確信。

専門用語でしか喋らない又は何かの暗号を喋っているようにしか思えないため会話どころではない。
170の人のことは「異星人」にしか思えない。

このレベルの人が何を喋っても100の人には呪文に聞こえてしまう。

そんな用語あったの!?と誰もが知らないようなマニアックな単語だけを発する。

完全に会話不成立。
まあ正確に測定したIQテストでIQ130以上あればかなり賢いと思います。

IQ130の人の知能は相当な知能であり、滅多に居るものではないですし。

140ある人は天才と言っても不思議では無いぐらいの知能を持っているだろうし、140の問題は実際とんでもなく難易度が高いのでしょう。

IQ140取れるぐらいの天才であればハーバード大学も余裕で合格するのでしょう。

フォトグラフィックメモリーとも呼ばれる写真記憶、直観像記憶なんかも持っているのではないかと思われます。

コメントを残す

関連記事