「天才論」著者のN.H氏から譲り受け、私(HP)が代理で執筆する事に

IQと偏差値の換算表

IQと偏差値、割合

アンダーアチーバー(低達成)或いはオーバーアチーバー(高達成)の場合、必ずしもこれに当てはまる訳ではありません。

以下の表はこのぐらいのIQがあれば大体どの程度の達成がなされるのか?といった平均的な基準値です。

  • IQ100 2人に1人 偏差値55に相当
  • 105 1/3 53
  • 108 1/3.5 55
  • 110 1/4 57
  • 115 1/6.5 60
  • 120 1/10 63
  • 123 1/15 65
  • 124 1/17.5 66
  • 125 1/20 67
  • 126 1/25
  • 127 1/30
  • 128 1/35
  • 129 1/40
  • 130 1/44 70
  • 135 1/100 73
  • 138 1/175 75
  • 140 1/250 77
  • 145 1/750 80
  • 160 1/30000 90
  • 175 1/500000 100

 

私たちが受験などで目にする一般的な偏差値の一番高い数値というのは75ぐらいでしたね。

IQに換算するとIQ138です。

175人に1人という確率ですから可成りの頭脳です。
このぐらいの知能指数があればそれに見合った偏差値の学校にも難なく合格するのでしょうね(アンダーアチーバーを除く)
IQ140あれば日本にあるほとんどの学校に入れてしまいますね。

IQ145あれば日本で入れない学校は無いという事になりますね。

IQ160あれば最高偏差値の学校でさえ簡単に思えて退屈に感じるということでしょうか?

IQ175あれば最高偏差値の学校では簡単過ぎて退屈で仕方が無く、首席は当たり前のことなのでしょうか?

灘高校開成高校京大東大ハーバード大で首席も簡単なIQは160以上?

コメントを残す

関連記事