「天才論」著者のN.H氏から譲り受け、私(HP)が代理で執筆する事に

秀才は有名人にとても多いが天才(ギフテッド)は表に出て来ない件&秀才の特徴や有名人

天才論を語る上で秀才を蚊帳の外に置いておいてはいけない。

今まで当サイトでは天才(ギフテッド)のみに焦点を当ててきたが秀才に関しても例を出す必要がある。

現在、テレビやネットなどのメディアで活躍する著名人の中で一般人から親しまれ、支持されている殆どの者たちが秀才である。

秀才はギフテッド(天才)では無いが高い能力を示し、業界で活躍しているので実にわかりやすい。

 

天才とは本質的に異なり、凡人の延長線上、凡人の上位概念、努力の天才などと形容されがちな秀才だが実はもっと深い意味がある。

また、学校でも良くお目にかかる事ができる。

勉強が良くできてオールマイティーになんでもできるのが秀才であり、天才に間違われやすいというのも秀才の特徴である。

実はIQだけが高い者も天才では無く秀才である。

ギフテッドとは異なる点はOE(過度激動)があるかどうか。

秀才はOEが無く、実社会で生きやすい。

 

・秀才の特徴

評価されやすい。

IQが高い。(高IQ者非ギフ)

学問に強い。

博学博識。

決められたことに対しての実行能力が高い。一例を挙げれば学校のテストや宿題など。

実社会にうまく溶け込む。コミュニケーション力のある人が多い。

学校では勉強がとてもよくできるため天才だと勘違いされる。

凡人の気持ちが分からない反面、凡人からは理解されやすい。(天才は凡人からは理解されない。)

他人の感情に疎い。また、感覚的にも天才(ギフテッド)よりは鈍感である。

 

・天才(ギフテッド)との違い

OE(過度激動)があるかどうか?(神経質かどうか)

ギフテッドは芸術性、クリエイティビティを持つが秀才はそれらの能力に欠ける。

ギフテッドが内部的なものを原動力にするのに対し、秀才は外部的なものが原動力となる。

ギフテッドにはスペシャリストが多く、秀才にはゼネラリストが多い。(博学博識だが深さに欠ける。)

ギフテッドは凡人から理解されないが秀才は感覚が凡人と近いため理解されやすい。

ギフテッドがずば抜けた才能を持っているのに対し、秀才は研鑽する能力が高い。

生きづらさを感じる事が多い天才に対し、秀才は生きやすい。義務教育で登校を拒否しがちなギフテッドに対して秀才は学校でうまくやる。社会に出てからも天才のように周囲との違いから来る苦悩が無い。

 

・秀才の有名人

ホリエモン、ひろゆき、ロザン宇治原、メンタリストDAIGO、与沢翼、落合陽一、中野信子、高校生クイズとかに出場している学力の高い高校生たち。

その他、数数え切れない程秀才は有名人の中に多いのだが現在活躍されており、話題になっている方々が分かりやすいと感じたので例を挙げてみた。

・秀才とされる歴史上の人物

明智光秀、石田三成、大久保利通、土方歳三 etc…

 

・秀才はメディアなどに多いが天才は表に出て来ない。

学校や職場でもデキる人と呼ばれる者の多くは秀才なのではないだろうか。

メディアで活躍し、人気を得ている有名人の多くも秀才なのではないだろうか。

 

まず、天才は数が少ない。天才とは何を隠そうギフテッドの事だが、秀才よりも圧倒的に少ないのだ。

どちらも高いIQを持っている事には変わりない。

しかし、天才は高すぎる能力と引き換えに生きづらさをも兼ね備えている。

OEがある為、神経質であり、不安障害などの精神疾患を患っているケースが多い。

人前で活躍する事はとても刺激的なことである。

神経の細やかさと過激さは刺激に弱い為、メディアで振り回されたりすることを極度に嫌う。

そのため、天才が表舞台に出てくる事は殆どないが秀才は感覚的には一般人と近く、能力も高いため、刺激に対する処置ができ、周囲から評価されやすい(理解されやすい)という秀才の特徴も相まってメディアは秀才にとって絶好の活躍の場だ。

特に、文化人同士の討論番組だったり、クイズ番組には秀才が多くお目にかかれる機会に事欠かない。

コメントを残す

関連記事