「天才論」著者のN.H氏から譲り受け、私(HP)が代理で執筆する事に

羽生結弦はギフテッドか?

間違い無いでしょうね。

羽生結弦は絶対に、絶対にギフテッド&タレンテッドです。

彼は優れている。いや、優れ過ぎている。

何から何まで秀逸です。

 

成績がオール5だったから?

運動神経が抜群に良いから?

年齢の割にしっかりとした受け答えができるから?

 

どれも違いますよ。

 

羽生結弦という唯一無二の存在、カリスマが彼をギフテッドたらしめているんですよ。

むしろ、ギフテッドという言葉さえも霞むほどに。

 

もうね、彼は圧倒的なギフテッドですよ。

神様は彼に何物を与えたのでしょうか?

2物も3物も4物も・・・

キリが無い程の才能を与えになったのでしょう。

 

私は思います。

有名人の中では彼が一番ギフテッドに近い人物だと。

 

荘厳であり、崇高であり、何よりも豪華

パーフェクトという言葉では足りない。

 

ここまでべた褒めならヨイショヨイショしていると思われたかもしれません。

しかし私は中立的立場で彼を見ています。

 

でもどうしても彼を見ていると天才という言葉が浮かんでくるんです。

羽生結弦が天才であるという事実はダイヤモンドが硬いという真実と同様に揺るぎ無いものなのです。

コメントを残す

関連記事