「天才論」著者のN.H氏から譲り受け、私(HP)が代理で執筆する事に

日本に居た!タレンテッドの少年・濱口瑛士の絵など

先日、タレンテッドの友人N.H氏と話した時のことだった。

 

濱口瑛士っていう絵が上手な少年をネットで見つけたんだけどググってみ

と、言うから私はその通りにした。

「濱口瑛士 絵」

twitterもやっていたので色々と見てみることに

 

分かったのはこの子がタレンテッドだったっていうことだ。

 

日本では希少な存在であるタレンテッド

 

濱口瑛士さんは識字障害(ディスクレシア)という読み書きが苦手な障害を持っているそうだがNH氏が息を飲んだほどの絵画を描く

非常にアーティスティックな風貌を持つ美少年

どことなくNH氏と雰囲気も似ている気がする。

 

 

日本ではマシオカ(岡・政偉)さん、矢野祥さん、大川翔くんなどのギフテッドばかりがクローズアップされがちだが濱口くんのようなタレンテッドがおおやけに取り上げられたのは今回が初めてと言って良いだろう。

 

著作権の関係もあるので当記事では引用しないが「濱口瑛士 絵」でググってみて頂きたい。

きっと彼の才能がお分り頂けるであろう。

 

P.S.

HN氏はググったり、ツイッターに訪問しながら一日中この少年の絵をまじまじと見ていたそうだ。

共通した何を感じるとも言っていた。

 

タレンテッドはギフテッドに比べて未だ未知の部分が多く、この少年の露出によってその部分が剥がれていき、彼らの得意不得意な部分つまり峰と谷の能力差を持った者に対する社会の理解が進んで行くのを願ってやまない。

 

コメントを残す

関連記事