今日の夜9時から頭脳王2015がテレビでやるそうです。

この番組に出演しているクイズの回答者たちはギフテッドが多いでしょう。

 

この前,去年の再放送を見ましたが問題を出題されてから一瞬で答えていました。

皆、学歴は勿論のこと、幼い頃神童と言われたり、有名大首席、数学オリンピック優勝者、偏差値90以上など典型的なギフテッドの方々でした。

今夜放送される出演者の8名も皆、去年とは変わらぬ超高レベルの天才たちなのでしょう。

 

ギフテッドの一般的な概念は知能指数130以上が基準となっています。

彼(彼女)らはこの基準を優位に超えるIQを持っていると推測できます。

 

本物のギフテッドとはこのような人たちのことを指すのか!

知力の総合格闘技・頭脳王を見ているとそう感じると思います。

 

見どころは何と言っても問題の内容云々では無く、彼らの問題を解く姿や決勝でのシーソーゲームです。

毎年、頭脳王では最後のどちらが勝つのか負けるのか勝負を分けるこのシーソーゲームが見所となっています。

 

以下がその頭脳王の出演者になります。

井上良 京大医学部の天才

水上楓 東大医学部の異端児

三守賢 慶応医学部の奇才

田村正資 東大IQ貴公子

葛西祐美 数学オリンピッック金メダル

粂原圭太郎 京大経済学部首席

高橋知之 全国模試一位

五十嵐宇晴 東工大学部首席

出演者は以上8名

皆、華々しい経歴をお持ちの方々ばかりです。

これぞ正真正銘のギフテッドなのだという迫力をテレビで見れる貴重な時間となりそうです。