ギフテッドは周囲と比較して明らかに優れた能力の持ち主であり、人とは違った物の見方をします。

タレンテッドは芸術系ギフテッドと呼ばれることからギフテッドの一部である事が分かります。

 

ギフテッドが学術面、技術面で優れているのに対し、タレテッドは芸術面に優れています。

タレンテッドも比較的高いIQの持ち主です。また、幼少の頃から芸術分野に没頭しているのが特徴です。

ギフテッドの定義

  • 頭の働きが並外れている(部分的、全体的問わず)それゆえ処理能力、記憶力、計算力、空間認識力、推理力、創造力の全部または1つ以上の能力が突出している。
  • IQ(知能指数)が130以上(SD15)
  • OEのせいか五感(一部、全部問わず)が非常に鋭く神経質である。

並外れた集中力、知識欲の持ち主で多くの場合過去に神童と呼ばれていた。

ギフテッドの主な特徴

  • 少しの勉強量でトップクラスの成績になってしまう。
  • 直感的理解力に優れ、物事の裏側まで見えてしまう。
  • 物事の詳細まで把握できる。
  • 凡人が数十分、数時間かかるような問題や非常に難解なクイズにも一瞬で答えてしまう。
  • 直感像記憶(フォトグラフィックメモリー)の持ち主も少なくない。

タレンテッドの定義

  • 広範囲の物事に対して頭抜けたセンス、素質の持ち主。
  • 感情的にとても繊細でガラスの心の持ち主。
  • 表現することに対して大きなアドバンテージがある。
  • OEのせいか神経質(ギフテッドと同じ)
  • 芸能人並またはそれ以上の容姿

タレンテッドの主な特徴

  • 並外れた画才・文才・音楽的才能・身体能力・独創性の持ち主。
  • 美術の授業などで芸術的な絵を描き一目置かれる。
  • 少しの鍛錬、練習量で部活の上級生を差し置いてレギュラーメンバーに抜擢された等。
  • 才能の度合が大きい場合、さほど頑張らずともある競技の全国大会で優勝してしまった経験がある。
  • スポーツテストで他の生徒よりも著しく高い数値を記録している。

ギフテッド・タレンテッドとは似て非なるもの

  • 超記憶症候群(忘れることが出来ない)
  • サヴァン症候群(異常な記憶力)
  • アスペルガー症候群(特定の物事に対しての執着心、異常な集中力)
  • 発達障害(発達の凸凹)
  • ADD・ADHD
  • 自閉症
  • 強迫性障害
  • 気分障害、双極性障害、鬱

ギフテッド教育に盛んな国ではギフテッドに対しこれらの誤診が多く、社会問題となっているそうです。

ギフテッドには様々なケースが存在する。

非常に高い知能を持ち、何学年も飛び級してしまうような典型的なギフテッド

非常に優れた芸術的センス、高い芸術性、表現力を持つタレンテッド

計算には滅法弱いが秀逸な文章を書くギフテッド

逆に、文章は全くダメだが数学や計算に優れるギフテッドも居ます。

ただし、ギフテッドの根本は全く同じで彼らはとても良く似ています。