ギフテッドのレベルは以下のように表されている。

これはかなり有名なのでご存知の方も多いでしょう。

130:中程度にギフテッド

145:高度なギフテッド

160:飛び抜けたギフテッド

175:完全なギフテッド

 

基準値100から見た場合、各数値のIQレベルを実際にどう感じるのか?

100:ふつう

110:やや高い(まあまあ頭が良い)

120:頭良い

130:とても頭が良い

140:準天才

150:天才

160:飛び抜けた天才

170:大天才

180:超天才

190:世界有数の天才

200:至高の天才

IQ(sd15)は120を超えたあたりから一般人はその人の事を頭が良いと思い始める。

しかし、120〜135程度の人はその辺に沢山存在している。

かく言う私もこの程度ですが・・・

 

IQ140以上からは中々お目にかかれないレベルになってきます。

普通の人からしてみればまさに天才のレベルで頭のデキが違うと思われるようです。

 

IQ160以上は普通に生活していたら会うことすらできないレベルです。

普通の人からして見ると超のつくほど頭の良い人に映ります。

 

IQ170〜180ぐらいの人は特別なアクションをこちらから起こさない限りは会うことすらできないと思います。

IQ190以上ですと世界屈指の天才で認知度も高く有名でしょうから逆に講演会などで会う機会があるかもしれません。

 

 

因みに私がこれまでの人生の中でお会いした最もIQの高い人はフォトグラフィックメモリー(直観像記憶)の保持者でした。

IQテストではSD15のもので150、SD16で153、SD24で180ぐらいのレベルです。実際にお話してみても何でも知っている感じで知識量が凄く、普通では無い頭の持ち主でした。