「天才論」著者のN.H氏から譲り受け、私(HP)が代理で執筆する事に

本物の天才(ギフテッド)ヴィタリック・ブテリン|驚異のIQ257

この名は仮想通貨に携わる者ならば誰もが知るビッグネームだ。

彼の知能指数は聞いて驚くなかれ257である。

出典:https://www.iq-test.net/what-is-vitalik-buterin-iq-score-pms112.html

世の99%の人々がIQ134以内に収まると言われている中でこの数値は想像を絶してしまう。

今現在世界を動かす仮想通貨イーサリアムの創始者であり億万長者という肩書だけでも十分に凄いが彼の凄さは底知れない。

生後数ヶ月で流暢な北京語を話した。5歳でお気に入りの玩具がMicrosoftのEXCELであったこと。3年生時、3桁の足し算を仲間の二倍速で計算できたこと。当時彼はギフテッドプログラムのチケットを手にして学び、暗号通貨への道が開かれることとなる。

やはり、本物のギフテッドはエピソードに事欠かない。

私が最も驚いたヴィタリックブテリン氏のエピソードを紹介しよう。

チェスのグランドマスター顔負けの実力

グランドマスターとは日本で言えばプロ棋士に相当する。

このクラスの棋力を片手間程度にチェスを嗜むブテリンが持っているというのだから本当に凄いことだ。

私も一応、将棋を嗜むのでブテリン氏がいかに凄い頭脳の持ち主であるかが伺い知れるのだ。

よく考えてみてほしい。

片手間程度に嗜む将棋がプロ棋士並みに強いひとが日本に存在するであろうか?まず、居る訳が無いだろう。

だが、ヨビノリたくみという、数学系ユーチューバーは片手間で将棋アマチュア四段の実力を持つ。

これは本当に凄いことだ。他に職業を持ちながらアマ四段を修得するのは並大抵のことではない。

なぜなら将棋人口の上位0,1%の存在であるからだ。

数学で突き抜けているにも関わらずアマ4段の実力の持ち主。天才的である。

しかし、アマ4段はプロ棋士の実力には遠く及ばいない。プロ棋士になるための養成機関である奨励会の門戸を開けることができるかどうかの実力に留まる。

そんなヨビノリたくみ氏だが日本では彼は稀有な存在であることは間違いないだろう。

ヴィタリックブテリンに話を戻そう。

ブテリン・チェス・レーティング2500以上・グランドマスター相当の実力

チェスは西洋将棋とも言われており、盤上で繰り広げられる戦略ゲームである。戦略や戦術をもとに、一手一手考えられた手を指すことが勝利の秘訣であることは将棋と同じ。言わば思考力がモノを言うゲームなのだ。

ヴィタリックブテリンはIQ257という、人類史上最高レベルの頭脳を持つ、正真正銘のギフテッドである、底知れぬ可能性を秘めた、次世代のハイパーエリートとも言えよう。

そんな世界屈指の頭脳の持ち主が思考ゲームを行えば凡庸な頭脳では太刀打ちできる訳が無い。

チェスや将棋や囲碁などの盤上思考ゲームは知能指数よりも経験の差が大きいと言われているがやはり思考ゲームであることには変わりないので思考力の高い方が有利であることは言うまでもない。

ブテリンが本腰を入れてチェスを研究すれば世界の頂に立つことは容易いことだろう。

本業は仮想通貨イーサリアムの運営者

世界屈指の頭脳が創り上げる世界を私は心底楽しみにしている。

コメントを残す

関連記事